帰宅困難

勤め先の後輩女性から
「彼氏が欲しいので、tomotaroさんがお勧めする独身の男性を紹介して」
と言われ、飲み会をセッティング。

お食事会という名の異文化交流、情報交換会、端的に言えば合コン。

tomotaroは既婚者なので、あくまで幹事という立場で、後輩女性の友人達にも連絡済み。

家族にも事前承諾済み。
奥様からは「どんどん行っていいよ」というコメントを頂いたが、
言葉の真相は不明。ある意味怖い。

何のためにtomotaroが行くのかよくわからない。


ただの保護者?


「後は若い人同士で・・・」と言って途中で抜けようか、考える。
そもそも、人から頼まれて開く飲み会は難しい。


今回のように

「彼氏が欲しい」
「お薦めの男性」

という制約がつくと、変な人は紹介できません。
こちらの信用問題に関わるし。


男のお薦めできる男。これは難問です。


不思議なもので「お薦めできる男性」といって真っ先に頭に浮かぶのは、
何れも既婚男性ばかり。

「お薦めはもう結婚してるんだよね、みんな」、と言ってしまうと、
飲み会自体が成り立たない為、悩ましいところです。

とはいっても今回のキーワードには「独身」という制約も付いているため、
既婚者は候補者リストから外し、学生時代の友人や会社の同僚を誘う。


業務終了後、20 時に銀座集合。


とあるダイニングバーにて。

コースメニューに「合コンパック」とある。

ネーミングがあまりにストレートすぎて笑えたが、4000 円で飲み放題込み。


飲み放題。


いつになっても、飲み放題という言葉に弱い。

ビールを皮切りに焼酎、ワインと続く。
「酒は百薬の長」って良い言葉ですね。

意外と盛り上がってしまい、途中で退席することもすっかり忘れました。


みんなで2 次会へ行くことに。

2次会は居酒屋。

幹事としては楽しんでくれればそれでよし。
結局、終電を過ぎるまで飲むことに。

皆さん、タクシーでお帰りになるという事で、
女性陣と一緒にタクシー乗り場に並び、見送る。


時刻は24時30分。前述の通り、既に最終電車は無い。


学生時代の同期は、翌日も仕事という理由で帰宅。


会社の同僚とは、まだ早いし軽く飲みに行こうという話になり、
新橋にあるクラブへ。(踊るクラブではありません)


この時点で帰るべきでした、傷が浅いうちに。


お店が26時で閉店ということなので、1時間一本勝負。
ある意味、店を出る時間が決まってていいかな、
と思いましたが、閉店間際にお店のママが近寄ってくる。

お店のママ

秋葉原の支店は28時まで開いているので、一緒に行きませんか?

tomotaro

はい?

ちょっと言っている意味が分からず。

お店のママ

お店まで、黒服が車でお送りしますよ。


本当ですか?
秋葉原まで?
黒服さんが?


同僚に意志を確認したところ、「行こう」ということに。


ファイナルアンサー???


新橋のお店で、精算を済ませ店をでる。
二人で36,000 円。

元々キープボトルがあるから良いものの、ただ飲んだだけなのにね、この値段。
この辺の市場価格に文句を言い始めたら、きりがないです。


缶コーラは自販機で120円前後ですが、高級ホテルのロビーで飲んだら1,000円近い。
街のカレー屋さんで600円前後のカレーライスも、スキー場で食べたら1,500円前後します。


お酒も一緒。
中身ではなく、空間に価値を見出し、対価を支払っているわけです。

はい、言い訳です。


ちょっと、酔い始めてましたね、この時点。
判断能力の欠如が見え始めてます。

黒服の運転する車で秋葉原へ。

最終的に28 時まで飲み続ける。


ちなみにこちらが二人で50,000 円。
盛り上がって、キープボトルを入れていたらしい。
お財布の中身は、すっからかんです。


タクシーで帰るお金もなく、真の反省会を行うために
秋葉原駅前のラーメン屋へ。

始発電車までの時間つぶし。

29時の始発で、帰路へ向かいます。

秋葉原から御茶ノ水で、中央線に乗り換え、新宿方面へ。
30分後には最寄り駅へ到着予定です。



・・・・・・・・・・・・。



照りつける太陽、リュックを背負う乗客。

ただならぬ雰囲気で目を覚まします。

どこ?

というか夢?

どこかの駅に到着したらしい。

「八王子駅」の看板が目に飛び込んできました。


自分の馬鹿さ加減に、気が狂いそうになる瞬間です。

とりあえず降りて、上り方面へ向かいます。
向かいながら、まだ現状を把握できてはいません。

1分もたたずに上り電車が入線。
悩みましたが、ゆっくり考えるために、座席に座りました。

考えることがあるならば立てばいいのに、という選択肢は、この時はありませんでした。

再び深睡。

・・・・・・・。


目を覚ますと

「新宿駅」

の看板が目に入ります。


もう何かの間違いであって欲しい。


このまま永遠に帰宅できないのではないかという思いが脳裏をよぎる。

学習能力ないな、tomotaro。

こうなると、怖くてもう座れません、眠れません。

吊革に身を委ねながら、立って最寄り駅へ向かいます。



無事に帰宅。



時刻は32 時前。(翌日のAM8時前)


秋葉原から3 時間弱かけての帰宅です。


3 時間弱あったら、新幹線で大阪へ行けます。

飛行機だったら、台湾へ行けます。



泥酔難民



自己責任、とは言うものの、いくつかの不幸が重なったのも事実。

ああ、不幸なtomotaro・・・と思いながら就寝。

3時間後、起床。


体調劣悪。


奥様に「朝帰り」についての説明責任を果たす必要があります。


飲み会は前述のとおり事前承諾済み(むしろ推進)のため、問題なし。

夜のお店2軒 & 締めのラーメン & 電車の乗り過ごし2件が
理解できないとの事。


おっしゃるとおりでございます。
Tomotaroも理解できません。


反論はまったくできませんでした。


むしろ無事に帰ってこれてよかった、と熱く語りましたが、まったく聞き入られず。


そんなとき、会社の同僚からスマホへメールが。


タイトルは「事件です」

何?と思ってメールを開くと・・・。

以下は原文のまま掲載します。


***************
おつかれ
始発で帰ったけど、寝過ごして桜新町ではなく
桜木町のベンチで寝てました。
それだけならいいのですが財布も、盗まれました。
しばらく禁酒します
***************


tomotaroの不幸は吹っ飛びました。


桜新町は世田谷区
桜木町は横浜です。


真ん中の一字が違うだけでこんなに違うのね。
寝過ごしたレベルを超えてます。
八王子まで行ったtomotaroが言うのもなんですが。

しかも財布を盗まれたと。
笑えません。


涙が出そうです。


俺も禁酒宣言しようかな、と一瞬だけ思う週末でした。

  • 今回の反省

    ・飲んだら乗るな、電車には。
    (本当に酔った時は、迷わずタクシーに乗ろう)

    ・夜のお店での店舗間移動はやめましょう。
    (お金なくなります)

    ・財布はしっかり保管しましょう。

    ・家に無事に帰るまでが飲み会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

古都探索

次の記事

瞬間移動